top of page

新事業所での一日の流れを確認しました

 

 こんにちは。理事の岩渕です。teとteの会さんの新事業所名が「tokoとこ」に決まりした。「一日一日を大切にゆっくりと歩いていこう」との思いを込めてつけた名前です。この「tokoとこ」へ3月20日スタッフ一同が集まり、一日の流れのリハーサルと関係者への新事業所のお披露目を目的とした内覧会が行われました。

 内覧会は、10時の「はじまりの会」でスタート。お揃いのユニフォームを着たteとteの会のメンバーと今後サービスを担当するサービス管理責任者さん、看護師さんが1つ1つの内容や手順を確かめながら進めていきます。はじまりの会には、見学にいらしていたひまわり支援学園の先生方、PTA関係者、日頃子どもたちのケアを担当されている相談支援員さんやヘルパーさんも参加され、にぎやかな幕開けとなりました。


 サービス管理責任者さんと2名の看護師さんに見守られながら、子どもたちが思い思いの時間を過ごしたあとは、昼食の時間となります。「tokoとこ」では、近隣にある障がい者就労施設の仕出し店より利用者さんとスタッフのお弁当を取り寄せる方向で調整しているとのことでした。


 本日の昼食は、チキン南蛮弁当でした。teとteの会のメンバーがそれぞれのお子さんに合ったミキサー食やきざみ食にして、昼食の準備を進めていきます。本日は、はじめてということもあり食事の準備に30分ほど時間がかかったので、いかに効率よく進めていけばよいかが課題となりました。メンバー各自がいつものようにお子さんに昼食を食べさせながら、今後担当となる看護師さんに食事のポイントなどを伝えていきます。

 午後から予定の入っていた詩乃音さんが一足先に帰宅します。まだ、簡易スロープを取り付けての移動は3人がかりです。今後は、バギーの出入りが楽になるように玄関の改装を進めていくとのことです。


 はじめてのリハーサルということもあり、あっという間に15時となり、締めくくりの「おわりの会」となりました。スムーズな運営に向けた課題もいくつかみつかりましたが、これからの生活が実感できる一日でした。今まさにお母さんたちの手でつくりあげた新しい生活がはじまろうとしています。



Comentários


bottom of page